スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいさんのカバン

070424.jpg


すっかりごぶさたです。


友人の新築マンションを見に行ってすっかりその気になり、
大がかりな模様替えを始めたのはそう、1ヶ月も前かしら?


…まだ終わらないんですけど。


休みのたんびにゴミ袋10個くらい出してるのに、
ますますちらかっていくマイプレイス。
どういう仕組み?ねえどういう仕組み?



たくさんのゴミ袋見ながら、やっぱり思うのよねぇ。
「もったいない」し、「こんなに無駄なもの持ってたんかい!」って。

たくさん消費してゴミをたくさん出す、イケナイ消費者な私。

今回の我が家デトックスが終わったら、
いらないモン買わないように&もらわないように注意しなきゃ。

服やカバンを買うのだけは絶対やめられないから、
リサイクルのことを考えて、もうちっと良いモノを買うとか。

最近、リフォームショップで働きだして、
良い物を持つのは重要だなぁと思います。
だって、直せるもの。

盲点は、「高い=良い」とは限らないことかな。
(そうは言っても、大抵の場合「高い=良い」なんだけどね)


そんなこんなで長いプロローグ終わり、
以上のような考え方をしていた私にダメ出ししてくれた、
おじいさんの話。



おじいさんは、ナイロンのリュックを店に持ってきた。

折り畳むとポケットにしまえて小さくなる、便利リュック。
ペラペラのナイロンでできた、要は安物。
高く見積もっても1,000円程度、
下手したら100円ショップで売っていそうな代物。

おじいさんは、このリュックの背負い手部分が弱くなったから
直して欲しいと言う。見てみると、肩に近い、
特に力がかかる背負い手と本体の縫い目がほつれている。
本体自体の生地も危ない。

おじいさんは、何か別のカバンか何かから切り出したらしい
合皮のはぎれを取り出し、これで補強してくれという。

お店だから、やれと言われればもちろんやる。

ただ、途上国の安い賃金で作られた大量生産品を
人件費の高い日本で修理すると、購入した以上の金額になることが多い。
大抵の人は、修理費が高いからやめる、と言ってモノを捨て、
新しいものを買うことにする。自分だってそうする。

おじいさんのカバンの修理費は、
どう考えてもカバン自身の値段より高かった。

おじいさんは、頼む、と高い修理費を払った。

修理が終わったナイロンのペラペラのカバンを、
大切そうに大切そうに持って帰った。


私は今日も、部屋にあふれる、まだ使えるモノをゴミ袋に詰めている。

捨てないと、新しいものが買えないから。
いらないものを持っていると、スペースがもったいないから。

私のバカー!

Trackback

Trackback URL
http://chibicoworks.blog56.fc2.com/tb.php/209-d1bab64b

Comment

Comment Form
公開設定

ふしみまいのこと

ぴのこ

Author:ぴのこ
ぴのここと、ふしみまいです。手作り1点もの、という言葉にとっても弱いのです。自分自身も、ビーズアクセサリーやかばんを作っています。カワイイモノをうっとりと眺めたり、作ってみたりの日々です。

サイト:チビコワークス

ついったー
http://twitter.com/mai_chibico/

つぶやいてます

Twitter < > Reload

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
リスペクト!

カウント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。