スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣、舞妓さん団扇、ガラスのかんざし

かんざし
浴衣は白地に藍染め派です
もちろん手縫い派です
いや~何といってもこれが1番でしょ!
日本の夏って感じがしますもの

プリント生地でミシン縫いのやっすい浴衣、
10代のお嬢ちゃんたちが着るには手も出しやすくてとてもいいと思う
けれど、大人が着るものじゃないわね
もちろん、クリップで留めるバカ帯なんて言語道断

そんなこと言ったって、ちまたにはめちゃくちゃ浴衣が
氾濫してるんだけどさ。レースのつけ襟だの大人用兵児帯だの、
昔くさい私の脳には理解不能でございます
せめて自分くらいは古くさくいこうかと思います

浴衣はおばあちゃんが縫った母(おばかな?)のお下がり
映っていないけれど帯もおばのお下がりです
団扇はお師匠さんからいただいた、京都の舞妓さんのもの
お茶屋遊びをする人でないと手に入らないものらしいです
ちょうど実家の家紋と同じなので愛用しています♪

そしてこのガラスの簪!
15日に引き続き、Beads Pinkieからお嫁にいただいたひと品です♪
かんざし



さて浴衣を着まして、地元のお祭りに繰り出しました

ばか面
「ばか面」という船橋の踊り。こういう地元っぽい伝統芸能が好き
子供達が一所懸命踊っていてなごみます
もちろん大人の上手な踊りも素敵です
お囃子の皆さんも、長い時間ぶっ続けで大変だろうけれど
山車の上で楽しそうに演奏しています

これに比べて、ヨサコイはどうにか撲滅できないもんでしょうかねぇ
ヨサコイ発祥の地でも何でもないこの船橋でなぜアレをやるのか?
「下品であればあるほどヨシとする」というルールでもあるかのように
毎年エスカレートしてヒドくなっていく踊り手達の衣装やヘアメイクにもうんざり。
どこかの民謡をアレンジしまくり元もわからなくなった音源を
スピーカーで大音量で流し、風情もへったくれもありゃしない

船橋市さん、もしこれ読んだら何とかしてね
1900万円とか着服してないでさッ

Trackback

Trackback URL
http://chibicoworks.blog56.fc2.com/tb.php/358-654897b4

Comment

ぴのこ | URL | 2008.07.31 21:57
やっぱり思った通りのかわいさでした!この簪さん♪
櫛の部分も丈夫で、髪をまとめあげるのも問題なし!
(以前自分が買ったパーツでは、飾りに刺すならいいけれど
まとめあげる力のないものもあったんです・・・)
簪を目立たせたいので他は極力シンプルに、帯も藍色にしました
kuro | URL | 2008.07.29 11:41 | Edit
またまたご紹介ありがとうございます~♪
ぴのこちゃんと言うより、ぴのこ姐さんね。
とっても粋で素敵です。
眠っていた簪がこんなに生き生きとした表情を持つなんて
作り手としては感慨深いです。
いつもありがとうね~^^
Comment Form
公開設定

ふしみまいのこと

ぴのこ

Author:ぴのこ
ぴのここと、ふしみまいです。手作り1点もの、という言葉にとっても弱いのです。自分自身も、ビーズアクセサリーやかばんを作っています。カワイイモノをうっとりと眺めたり、作ってみたりの日々です。

サイト:チビコワークス

ついったー
http://twitter.com/mai_chibico/

つぶやいてます

Twitter < > Reload

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
リスペクト!

カウント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。